日本の四季

チョウトンボ・蝶蜻蛉

科属:トンボ科チョウトンボ属

都立水元公園の園内でトンボが観察できます。特に旧水産試験場跡地では沼や池が多数あって、トンボの生息に欠かせないエサなども豊富なためか色々なトンボが観察できます。翅が太陽の陽を浴びて金属光沢のような感じて輝くと、思わずキレイ!
チョウのようにひらひらと飛ぶのでこの和名がついています。

:トンボ目(蜻蛉目) Odonata
亜目:トンボ亜目 Anisoptera
:トンボ科 Libellulidae
:チョウトンボ属 Rhyothemis
学名:Rhyothemis fuliginosa
和名:チョウトンボ
漢字表記:蝶蜻蛉
出現期:6〜9月
:翅は青紫色でつけ根から先端部にかけて黒く、
強い金属光沢を持つ。
エサ:昆虫
腹長:20〜25mm
分布:本州、四国、九州
撮影地都立水元公園
撮影日:2011/08/14  
カメラ:Canon EOS 60D


1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル

関連参考サイト紹介
セミの羽化
チョウ・蝶
クロアゲハ・黒揚羽

いろいろなトンボ
アキアカネ
シオカラトンボ
ショウジョウトンボ
チョウトンボ