日本の四季

アシタバ・明日葉

科属:セリ科シシウド属

海岸に生える多年草。茎は太く、高さ50〜120cm。枝先に大きな複散形花序をだし、淡黄緑色の小花をつける。
和名の由来は「夕べに葉を摘んでも明日には芽が出る」という、強靭で発育が速いことから来ているというが、さすがにそこまでの生命力があるわけでもない。
便秘防止や利尿・強壮作用があるとされ、緑黄色野菜としてミネラルやビタミンも豊富なことから、近年健康食品として人気が高まっている。

科属:セリ科シシウド属
学名:Angelica keiskei
別名:ハチジョウソウ
花期:7〜10月
園芸分類:多年草
草丈:50〜120cm
花色:淡黄緑色
草姿:立性
原産地:日本
花言葉:旺盛な活動力
誕生花:10月3日
撮影地:都立向島百花園
撮影日:2002.09.22
カメラ:NIKON E990


1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
写真1
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
写真2
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
写真3