日本の四季

アケビ・木通

科属:アケビ科アケビ属

茎はつるになって他物に巻き付き、古くなると木質化する。
「アケビ」という名前の由来は、熟した果実が割れることから、「開け実(アケミ)」→「アケビ」になったという説や、古く朝廷に献上されたという、アケビに似た果実「ムベ(熟しても果実が割れない)」と比較した名前。

秋、実は熟すとザックリと縦に割れ、大きな口が笑っているようで、愛きょうがある。さわやかな新緑、落ち着いた色合いの花、葉が落ちた後の裸の枝も、情緒があって美しい。〈ヤマケイポケットガイド5 庭木・街路樹〉より

成熟した蔓はかごを編むなどして工芸品の素材として利用される。
アケビまたはミツバアケビのつる性の茎は木通(もくつう)という生薬である(日本薬局方に記載の定義による)。木通は利尿作用、抗炎症作用などがあり、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)などの漢方方剤に使われる。出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ムベはアケビと同じアケビ科に属し果実も似ていますが、熟しても裂けることはありません。冬になると表皮が美しい紫色になります。

科属:アケビ科アケビ属
学名:Akebia quinata
漢字表記:木通
花期:4〜5月
原産地:日本、中国
園芸分類:つる性落葉低木
樹高:5〜10m  
花言葉:才能、唯一の恋
誕生花:10月23日、11月1日
撮影地:都立水元公園
撮影日:2002.03.30
カメラ:Nikon E990


1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
雌花
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
雄花
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
雌花と雄花を比べると、雌花のほうがはるかに大きいのが分かります。
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル

関連参考サイト
ミツバアケビ
アケビ
シロバナアケビ
ムベ