日本の四季

ユリオプスデージー

科属:キク科ユリオプス属

ユリオプスは南アフリカ原産の半耐寒性常緑低木です。日本には昭和47年にアメリカから輸入されました。
屋外の冬の寒さに耐え、開花期は11月〜翌5月頃までマーガレットに似た花を咲かせます。葉には短い白毛が生え銀緑色で深い切れ込みがあり、鮮黄色の花とのコントラストが素晴らしく、花の少ない冬に咲き続ける貴重な鉢花です。
斑入り葉種や矮性種や八重咲きの園芸品種も出回っています。

科属:キク科ユリオプス属
学名:Euryops pectinatus
漢字表記:――
花期:11〜5月
花色:黄色
花の大きさ:3〜4cm
園芸分類:半耐寒性常緑低木
草丈:50〜150cm
原産地:南アフリカ
耐寒性:強い(霜に当てないようにする事)
利用法:鉢植え
花言葉:明るい愛、円満な関係
誕生花:11月7日、12月31日
撮影地:葛飾区内自宅
撮影日:2003/10/26  
カメラ:NIKON E990


1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル

冬 の 鉢 花
アザレア
エリカ
カランコエ
シーマンニア
シクラメン
ポインセチア