日本の四季

ヒイラギ・柊

科属:モクセイ科モクセイ属

若い葉の縁に、とげのように鋭くとがったぎざぎざがあるのが特徴です。秋には、香りのよい白い小さな花が束になって咲きます。低木で常緑広葉樹であるため、盆栽などとしても作られている。
和名の由来は、葉の縁の棘(とげ)に触るとヒリヒリ痛む(古語:疼(ひひら)く・疼(ひいら)ぐ)ことから。季語としては、「柊の花」は冬。〈『ウィキペディア(Wikipedia)』〉より

科属:モクセイ科モクセイ属
学名:Osmanthus heterophyllus
漢字表記:柊・疼木
花期:10〜11月
花色:白色
園芸分類:常緑小高木
花びら:4裂
花の大きさ:直径5mm
葉のつき方:対生
原産地:日本、台湾
草丈・樹高:400〜800cm
栽培適地:東北南部以南〜沖縄
用途:庭木、器具材
花言葉:先見、用心、機知、歓迎
誕生花:2月3日、11月8日、12月8日、12月24日
撮影地都立水元公園
撮影日:2004/11/03  
カメラ:Minolta DiMAGE 7Hi


1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル