日本の四季

エゾギク・蝦夷菊

科属:キク科カリステフス属

アスターとも呼ばれていますがアスター属ではなく、1属1種のカリステフス属です。
属名はギリシャ語で「美しい冠」の意味で、タネの冠毛が2列に生えて美しいことによります。
切り花では通称名アスターとして通っていますが、宿根アスター(ユウゼンギク)とは違う種類でややこしい呼称になっています。日本に渡来したのは江戸時代中期です。日本では江戸時代から改良が進み、日本のエゾギクは欧米でも非常に評価されている。切り花、特に佛花用として栽培され、お盆や秋のお彼岸などに欠かせない花です。

科属:キク科カリステフス属
学名:Callistephus chinensis
漢字表記:蝦夷菊
花期:6〜9月
花色:紫、白、ピンク、赤、黄色
花の大きさ:3〜10cm
草姿:立性
草丈:20〜60cm
原産地:中国
園芸分類:春まき一年草
別名:アスター、サツマギク
耐寒性:ふつう
利用法:花壇、鉢植え、切り花
花言葉:美しい思い出、信じる恋、追憶
誕生花:11月28日
撮影地:葛飾区内
撮影日:2009/08/21  
カメラ:Canon IXY DIGITAL 920 IS


1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル

関連参考サイト
キク科