日本の四季

シロワビスケ・白侘助

科属:ツバキ科ツバキ属

ツバキの交雑種で母種は不詳。江戸時代から栽培されているそうです。椿と違うところは花がラッパ状に咲き8分程度しか開かずに、椿のようにポトッと花が散ってしまいます。
侘助の名のごとく他の椿に比べて、美しさを主張せず、半開の花姿に風情を感じさせます。茶花として人気があります。

科属:ツバキ科ツバキ属
学名:Camellia wabisuke 'Shirowabisuke'
漢字表記:白佗助
花期:11〜3月
花色:白色
園芸分類:常緑低木
花びら:5弁花がラッパ状に咲く
花の大きさ:4〜5cm
別名:――
樹高:200〜400cm
:実はできない
葉のつき方:互生
原産地:日本など
栽培適地:関東以西〜沖縄
利用法:庭木、生垣、花材
花言葉:控えめ
誕生花:11月30日
撮影地花と緑の振興センター
撮影日:2012/12/18
カメラ:Canon EOS 60D


1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル

関連参考サイト
ツバキ科