三匹の獅子舞




獅子舞の由来

戸ヶ崎香取神社は、1,387年戸ヶ崎郷を主領支配していたという、 戸ヶ崎佐馬介国延が下総国の香取神宮より分神して、 戸ヶ崎郷の守り神として祭祀して鎮座したと伝えられている。

戸ヶ崎獅子舞の起源は、1582年と伝えられている。
この時代は、戦国時代で、戸ヶ崎の獅子舞がいかに古くから舞われていたかがうかがわれる。

この地区では数多くの水害に見舞われました。
1807年6月の大洪水で対岸の桜堤を破壊しなければ死者が続出するという切羽つまったとき、 暗夜、小船の先に3頭の獅子頭を乗せてこぎだしたところ、 桜堤警戒の役人たちが驚き逃げたので無事桜堤を開いて水魔の苦難から救われたという。
刀懸りの舞は、この時のようすを舞ったものと言われています。


獅子舞の紹介

この獅子舞は、毎年7月第1日曜日の前日に、浅間神社祭、
7月第1日曜日に香取神社祭として、里人の長寿、悪病退散、五穀豊穣を祈願して、 1582年から行われているといわれています。
獅子舞は、大獅子・中獅子・女獅子の3匹が腰につけたつづみを打ちながら、 社前にて舞う。舞の種類は、九庭ある。




その他の祭



香取神社では1年間に3回の祭典が定期的に行われいる。
1月20日は備社祭典で弓で鬼の的(まと)を打って矢の当たり具合と飛び具合で、 その年の稲の豊作を占う行事。
6月30日7月1、2日の3日間は獅子舞の祭礼。現在は毎年7月の第1金、 土、日曜日に行われるようになった。
11月23日は新嘗(にいなめ)式典が行われています。

三郷市では、大広戸の蛇祭り(大広戸香取神社 1月10日)、 大般若経祭り(番匠免迎摂院・神明神社 7月8日)、 二郷半囃子・里神楽(上口香取神社 7月第2土曜日)などがある。

戸ヶ崎神社;
住所 三郷市戸ヶ崎2-38-1
交通 常磐線(千代田線綾瀬より相互直通運転)亀有駅より三郷市役所、
吉川団地、三郷団地行きバスにて戸ヶ崎神社前下車。



参考図書;埼玉県発行「埼玉の祭り」


home mail
ご意見、ご感想をこちらへお寄せください。