大瀬の獅子舞





獅子舞の由来


大瀬の獅子舞は7月第1土・日曜日大瀬の氷川神社の祭礼に奉納される。梅雨の時期の祭りのため、たびたび雨に見舞われることから「どろんこ獅子」とも呼ばれる。
獅子舞の始まりは、1662年(寛文2年)に森川下総守が大瀬村の領主になったおり、獅子頭を領主から拝領してからと伝えられる。すでに300年以上の歴史をもち、この間に一度も祭りの開かれなかったことがなかったという。
獅子舞は、江戸時代に盛んであった富士浅間信仰(富士講)と深く結びつき、舞の形態も3匹の親子獅子が富士山に登る途中のできごとを物語風に描いている。


大獅子は兄獅子で、顔が青く、眉が金色で目をむきだし精悍な面魂をしている、写真左。
中獅子は、弟獅子で、顔が黒く、眉が金色で目は黒く、歯は銀色で幾分口は明けぎみ。
ともに鼻の両側には白髭をたくわえ、約30センチほどの角が生えている、写真中央。
女獅子は角がなく、顔は金色で、大獅子、中獅子と比べて優しい顔つきは母親獅子そのものである、写真右
現在獅子舞を演じる方は12名ほどおられるということですが、毎年のことなのでスケジュールを合わせるのに大変なようです。


獅子頭は大瀬の宝光寺の管理にあって、祭り当日に寺(獅子宿)から神社まで行列をつくって巡行をする、これを道中と言い、神官が正装で同行する。




参考図書;埼玉県八潮市教育委員会発行「八潮市の文化財第2号」

ご意見、ご感想をこちらへお寄せください。