長崎獅子舞





獅子舞の由来


東京都豊島区長崎神社に江戸時代から伝わる獅子舞ですが、その起源など詳細は残されていない。昔から五穀豊穣を願って奉納されているが、ここ豊島区では戦前からすでに畑などはなくなっているが、伝統芸能としての獅子舞だけが残されている。


町内をまわる巡幸(みちゆき)の前に花笠を被った女性たちの記念写真。 手に持っているのがササラ。


他地区との違いは、辻踊りと称して町内の角々で獅子舞を披露しながら一巡する。花笠を被った女性がささらを奏で、笛数人、提灯もちが先頭を行く。いかにも農村風景が似合う獅子舞です。




獅子舞は2000年5月14日に豊島区長崎でおこなわれたが、毎年この日近くの日曜日の一日だけ奉納されるようです。

ご意見、ご感想をこちらへお寄せください。