かんこ踊り






かんこ踊りは、三重県中部から南西部地方で旧盆を中心に行われている。
盆踊りの一種である。
「かんこ」のいわれは、雅楽に使う羯鼓(かっこ)からきた呼び名だと言われる。
写真のかんこ踊りは、伊勢市円座町正覚寺で、
旧盆(8月15日から18日)におこなわれている。
各地によって衣装などが多少違うが、白馬の尾毛で作った、 シャグマをかぶった鬼役と、花笠をつけた踊り子がタイマツの周りを 輪になって胸の太鼓・羯鼓を打ちながら踊る。
踊り手は、町の小・中学生位か若者たちだった。
祖先の精霊をむかえ、踊ることによって慰める精霊踊りと 精霊を送り出す念仏踊りとになっている。


home
mail
ご意見、ご感想をこちらへお寄せください。