川越の町並み 蔵造りの町並み 大沢家住宅(1) 大沢家住宅(2) 川越市蔵造り資料館 時の鐘 川越祭り

大沢家住宅(重要文化財)

壁 面

壁の厚さ30cmで中は、縦と横に5pの丸竹を使い、あけびのつるで結束してある。
柱と柱の壁がゆるやかにふくらんでいるのがわかる。

床の間

床の間の天井から漆喰が下がっているが、別にアクセサリー的な役目しかないものだが、平成の修理の時には手をつけていない。昔の左官の技術がいかに優れているかがわかる。

防火とびら

見た目にもかなり頑丈で重厚な感じです。

三重の窓

外側から、土格子、漆喰(しっくい)戸、木の戸、障子となっています。



川越の町並み 蔵造りの町並み 大沢家住宅(1) 大沢家住宅(2) 川越市蔵造り資料館 時の鐘 川越祭り


back

ご意見、ご感想等お聞かせください。またリンクしていただける場合もお知らせ下さい。