浦和くらしの博物館民家園

浦和くらしの博物館民家園は、埼玉県浦和市内に伝わる伝統的な建物を移築復元し、生産・生活用具を収集し、これらを展示公開するとともに、伝統行事等を行なうための施設としてつくられた、野外の博物館です。 2000年5月現在、展示されている民家・長屋門は
1. 旧武笠家表門 浦和市指定有形文化財 平成6年4月28日指定
2. 旧蓮見家住宅 浦和市指定有形文化財 昭和49年5月31日指定
3. 旧浦和市農業行道組合三室支所倉庫
4. 旧中島家穀櫃(こくびつ)
5. 旧野口家住宅 浦和市指定有形文化財 平成10年3月10日指定
6. 中山道商家(移築予定)
浦和くらしの博物館民家園

国道463号を越谷方面から浦和市外方向に向かうと左側に茅葺民家が写真のように見え、民家園は分かりやすい場所です。

所在地:埼玉県浦和市大字下山口新田1179番地1
交 通:浦和駅西口バス1番乗り場から東川口駅北口、さぎ山記念公園、大崎園芸植物園行き念仏橋下車 東浦和駅から徒歩約25分 開館時間:午前9時から午後4時30分
休館日:毎週月曜日と年末年始
入館料:無料
駐車場:無料


back