ハーブ図鑑

herb

コモンマロウ

科属:アオイ科ゼニアオイ属

すべての炎症と呼吸器系のトラブルをいやす、花言葉どおりの穏やかな作用をもつハーブ。 レモンを入れると、青からバラ色に変化する茶が名高い。茶には便通を整え、美白効果もある。
花と若葉はサラダに、葉と根はゆでてバター炒めなどに使う。一日花のため、花は朝の咲き始めに摘む。
こぼれダネでよくふえ、野生化しやすいので注意する。

科属:アオイ科ゼニアオイ属
学名:Malva sylvestris
英名:Common mallow
花期:5〜9月
別名:ウスベニアオイ、ハイマロウ
園芸分類:2年草または多年草
草丈:60〜200cm
花色:濃紅、紅、淡紅、白色
利用部位:花、葉、根
利用法:茶(花)、料理(葉、根)、薬
原産地:南ヨーロッパ
花言葉:恩恵、温厚
誕生花:3月22日、10月28日
撮影地足立区都市農業公園ハーブ園
撮影日:2010.06.01
カメラ:Canon EOS 30D


1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
写真1
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
写真2
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
写真3
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
写真4

関連参考サイト
コモンマロウ
タチアオイ
モミジアオイ