ハーブ図鑑

herb

ミント・ハーブ

科属:シソ科ハッカ属

ローマ神話に登場する地獄の河神コキュトスの娘「メンテ」が名前の由来とされています。
全体から放たれる清涼感のある香りと、小花を密につけた可憐な花穂が魅力のハーブ。芳香成分には鎮静や防腐、解熱作用などがあり、用途は広い。茎が立つタイプや、はうタイプ、斑入り葉タイプなど、種類が豊富です。
肉料理のソースや菓子の香りづけに使われます。

科属:シソ科ハッカ属
学名:Mentha spp.
和名:ハッカ(薄荷)
花期:7〜9月
収穫期:3〜11月   
英名:Mint   
別名:メンタ、ハッカ(和)
利用部位:葉
利用法:料理、茶、入用剤、香料、鑑賞
保存法:乾燥
原産地:世界各地、特に北半球の温帯域
園芸分類:多年草  
花色:白、ピンク色  
草丈:20〜100cm  
花言葉:効能、美徳、温情、貞淑
誕生花:6月9日、7月21日(オー・デ・コロン・ミント)、
8月23日、12月23日(スペアミント)

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
アップルミント
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
オーデコロンミント
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
ハッカは、メントールを多く含む
 

1024×682ピクセル  1600×1200ピクセル
ペパーミントは、ウォーターミントとスペアミントの雑種。すっきりとした
メントールの香りが特徴で、消化促進や殺菌、鎮痛などの働きがあります。

関連参考サイト
ニホンハッカ